プロサッカー選手になるには|必要な能力・方法・条件

◉この記事の対象
■現在プロサッカー選手を目指している
■プロサッカー選手になるための方法を知りたい
■プロなるために必要な条件や能力を知りたい

サッカーをやっている選手の多くは将来プロサッカー選手になりたい、Jリーガーになりたい、日本代表になりたいなど目標や夢を持っていると思います。

しかし、日本のサッカー人口約80万人の中で、プロの選手になるのは、東大に入るより狭き門と言われるくらいほんの一握りであり、プロになるためにはどうしたら良いのか、どんなトレーニングが必要で何をしなければいけないのかということを書いているものはほとんど無く、知る方法もなかなかありません。

そこで今回は、プロのサッカー選手になるために必要な条件と求められる能力・知識・技術などを、約20年間サッカーに携わり、現在プロサッカーコーチとして活動している僕が、今までに得た知識と経験の現段階での集大成を注ぎ込んで書いていきたいと思います。

今、プロサッカー選手を目指している、または今よりももっと上にいきたい選手に向けて書いていきますので、参考になると嬉しいです。

プロサッカー選手になる方法

まず、プロサッカー選手になる方法は、大きく3つあります。

○Jリーグ下部組織からの昇格
○スカウト
○入団テスト(練習参加)・トライアウトで合格

Jリーグ下部組織からの昇格

Jリーグクラブには下部組織があり、ジュニア、ジュニアユース、ユースなどカテゴリー毎に分けられていますが、そこからトップチームに昇格するパターンです。

セレクションやスカウトで入団する下部組織は狭き門ですが、プロを目指して成長できる環境が整っていて、常に見てもらえる環境でもあるので、プロサッカー選手に最も近いルートであると言えます。

スカウト

高校サッカーやインターカレッジなど全国大会でスカウトされるパターンです。

県の大会を勝ち抜き、全国大会に出場し、全国でも勝ち進んで活躍する必要がありますが、ここからプロにスカウトされる選手もいます。

高校では、インターハイや選手権、大学ではインターカレッジや天皇杯など大きな大会にはスカウトも見にくるので、そこで結果を残すことができればチャンスがあります。

入団テスト(練習参加)・トライアウトで合格

Jリーグのチームに練習参加して、契約を勝ち取るパターンや合同トライアウトに参加して契約を勝ち取るパターンです。
J1・J2では合同トライアウトは年に一回程度しか開催されませんが、海外などではこのパターンも多いです。

どの方法にしても選手に魅力と能力が必要

プロになるための道筋は、色々ありますが、結局大切なのはその選手に魅力と能力があるかどうかです。

いつくるか分からないチャンスをしっかりと掴むためにも、ジュニア年代では特にしっかりとした土台と技術を身につけていく必要があります。

プロサッカー選手になるために必要な条件

ここからは、プロサッカー選手になるために必要な条件を具体的に書いていきます。

プロのサッカー選手になるために必要な要素は多くあり、「大会で結果を残さなければならない」「選抜に入らなければならない」など色々なことを考えている方も多いとは思いますが、もっとシンプルでプロになるための条件はたった2つです。

■選手としての能力(技術面・身体面・精神面)
■縁・運・タイミング

この2つの条件を満たせば、プロのサッカー選手として活躍できる可能性は大きく広がっていきます。

プロの世界の厳しさ

少しだけ僕の話をさせて頂きたいと思います。

○小学時代〜中学時代
・Jリーガーを多く輩出しているクラブチームに所属
・県大会制覇
・全国3位・ベスト8(2回)・ベスト16(2回)
・ブラジルでの国際大会などを経験

○高校時代
・プリンスリーグ所属高校に推薦入学
・1年時から試合に出場(1年時プリンスリーグ得点ランキング6位)
・3年時にはキャプテンを務める

○大学時代
・1年時、大学サッカーリーグ一部で開幕戦から初出場・初得点
・リーグ戦無敗でインターカレッジ出場
・国体で県選抜に選出され、全国3位を経験

僕自身も小さい頃から「プロのサッカー選手になる」という目標を持ち、本気でプロサッカー選手を目指して練習してきました。大学1年生のタイミングではJ2クラブから声がかかり、チャンスを貰えたタイミングもありましたが、最終的にそのチャンスを掴むことは出来ず、大学卒業後、あと数年チャンスを狙ってサッカーを続けていくという選択肢もありましたが、指導者として新たな目標を目指すことを選択しました。

プロの世界は厳しいです。

どれだけそれなりの経歴があったとしても、それ以上に圧倒的な実力や能力を持った選手が無限にいます。そのズバ抜けた能力を持った選手たちの中で闘っていくためには、いかに他と違うものを持っているのか、他より質の高いものを持っているのかが大切になります。

そしてプロで活躍するためには、それまでにどれだけ土台を大きくして、必要な努力を積み重ねて来たかが本当に大切です。

僕自身はプロの世界もサッカーのことも何も知らない状態からサッカー人生をスタートしましたが、自分自身で試行錯誤して、がむしゃらに上を目指してきた結果、夢を叶えることは出来ませんでしたが、目指していたところまであと少しで手が届くところには来ることができました。

僕は遠回りをしました。

でもそれは無駄ではなく、遠回りをして、試行錯誤を重ねてきたからこそ、「なぜプロになれなかったのか」「どうすればプロになることができるのか」ということを約20年間かけて知ることができました。

僕は元プロではありません。

「天才」と呼ばれるような圧倒的な才能はなかったので、数えきれない程の壁にもぶつかってきましたし、たくさんの失敗もしてきました。でもその経験のおかげで、感覚で出来てしまうプロ選手には伝えることが出来ないことも、失敗をして成功するための方法を考え、試行錯誤してきた自分だからこそ伝えられるものがあると思っています。

今回はその約20年分の失敗と遠回りをして得た「20年分の経験」をこれから当時の自分と同じように今プロサッカー選手を目指している選手に向けて書いていきたいと思います。

プロになるために必要な能力【技術面】

まず、プロになるための能力として必要な技術についてです。

絶対に必要なのは「止める・蹴る」+「武器」

サッカー選手として、求められる能力は多くあります。

・基本技術
・戦術理解能力
・個人戦術
・グループ戦術
・感覚 など

プロになるために求められる要素は多くありますが、絶対に必要なのは「止める・蹴る」+「武器」です。

この3つがなければプロになることは難しいです。

そして 「止める・蹴る」これはサッカーを始めた選手が一番最初に習う技術であり、一番難しい技術です。

プロでも難しい「止める・蹴る」

この「止める・蹴る」とは、パスとコントロール(トラップ)のことですが、この技術は誰でもできるが、一番能力の差がはっきりと出る技術です。

止める・蹴るの練習は、幼児(年中・年長)でも練習していますし、日本のトップで活躍しているプロの選手もやっています。

能力が高いプロの選手でも取り入れている練習ということは、それだけ、全てにおいて狙った場所にボールを止めて、狙った場所にボールを蹴るということは難しいということです。

「止めて、蹴る」これだけ単純なことなのに、この練習に限界はありません。

そして、この最も基本的な技術のレベルをどれだけ上げることができるかが、最終的な選手としての価値に繋がっていきます。

だからこそ僕自身もトレーニングの中には必ずボールワークとして対面パスを取り入れていますし、こだわって狙うように伝えています。

しかし、問題点としては単純な練習だからこそ「集中してできない」「こだわってできない」「なんとなくやってしまう」選手が多いです。

これは本当にもったいない。

もし自分が幼少期に戻れるならチームの誰よりもこだわってやるし、何度も何度も練習します。

「相手の右足を狙うのか、左足を狙うのか」「パスのスピードを速くするのか、遅くするのか」「パスは浮かすのか」「コントロールは足元に止めるのか、前に出すのか」

全てにおいて試合をイメージして、トレーニングすることが成長につながっていきます。

この単純なトレーニングを楽しいと思えるかどうかが、上手くなる選手と伸びない選手の分かれ目だと思います。

こだわってトレーニングしている選手は、ボール一個分、半個分パスがずれただけで悔しいと思います。逆に狙い通りに蹴れたり、止めれたりすると嬉しいと思います。

そうやって練習をしている選手は、この単純な練習を楽しいと感じるはずです。

小学生でそこまでこだわって練習できる人はいないですが、だからこそ周りとの差をつけるチャンスでもあります。

上手くなる選手は絶対に人とは違うことをしています。

同じ1〜10のことをするにしても、上手い選手、上手くなる選手たちは、より質の高い1〜10をやっています。

「単純なものこそ、こだわって」練習してみてください。

誰にも負けない「武器」を作る

プロになるための条件として、これだけは誰にも負けないという武器を作る必要があります。

◉武器となる要素
・スピードがある
・得点感覚がある
・ジャンプ力がある
・俊敏性がある
・シュート精度が高い
・ヘディングが強い
・ミスをしない
・パス精度が高い
・攻撃センスがある
・ドリブル突破力がある
・柔軟性のあるボールタッチができる
・守備の読み・予測能力が高い
・クロス精度が高い
・速いクロスを上げることができる
・視野が広い
・コミュニケーションが取れる
・競り合いが強い
・リーダーシップがある
・賢い

など、たくさんの要素がありますが、どれでも良いので「これだけは誰にも負けない」という武器がプロになるためには必要不可欠です。

関連記事

◉この記事の対象 ■プロサッカー選手を目指している ■サッカーが上手くなりたい ■自分だけの武器を作りたい 前回の記事プロサッカー選手になるには|必要な能力・方法・条件ではプロサッカー選手になるために必要な条件と求められる能[…]

全て70点より、50点があっても100点の武器を作る

サッカーには色々な能力があります。

その中で、プロになる選手というのは、「全て70点になんでもできる選手」ではなく「50点があっても100点の武器がある選手」です。選手それぞれに特徴があり、長所、短所があります。短所を無くすことも大切ですが、それ以上に長所を磨いて誰にも負けない自分だけの武器を作っていくことが大切です。

自分が足の速い選手なら、「速さを活かした突破技術を磨く」シュート感覚が優れた選手なら「どこからでも精度の高いシュートを決めることができるようにシュートを極める」など、自分の特徴から結び付けて武器を作っていく必要があります。

何か特徴がある選手には魅力があります。

まずは自分が勝負できるものは何かを考えて、それの質を高めていくことが重要です。

ジュニア年代では、「基礎技術」「武器」をひたすら磨く

プロサッカー選手になるために、ジュニア年代に技術面として必要なのは、基礎技術と武器を作り、磨くことです。

難しい戦術や判断能力を上げることも大切ですが、それはカテゴリーが上がってきた時に身につけた方が早く身に付くので、中学や高校に入ってからでも遅くはありません。

逆にプレーの柔軟性やボールタッチの感覚は小学生年代が一番吸収することが出来ます。

小学生年代を過ぎてしまうと習得できる速度は一気に落ちてしまい、そこからでは手遅れになってしまう場合も多いです。

なので、優先順位を考え、ジュニア年代では、基礎技術と武器を作っていけるようにトレーニングしていくことが大切です。

関連記事

◉この記事の対象 ■プロサッカー選手を目指している ■誰にも負けない武器をつくりたい ■ジュニア年代に必要な能力を知りたい 前回の記事プロサッカー選手になる方法|誰にも負けない武器のつくり方では、プロを目指すための「誰にも負[…]

プロになるために必要な能力【身体面】

次に身体面において必要な能力です。

身体面とは、身長や体重、体型や体のバランスなどです。身体的な能力には、遺伝的な部分も大きいですが、努力で変えることができる部分も多くあります。

やはり、当たり前ですが、背が大きい選手、体格が良い選手はサッカー選手としては圧倒的に有利です。

プレースタイルやポジションによっては、身長が低くてもプロになることは可能ですが、大きい方が有利ということに変わりはありません。

ここで重要になってくるのは、背が小さい選手が「仕方ない」と諦めてしまうのか「少しでも大きくなりたい」と努力するのかです。

特にジュニア年代〜ユース年代までは成長期で、この時期にどれだけ栄養をしっかりと取って、どれだけ食べることができるかが成長幅に大きく影響していきます。

バランス良く食事を取ることはもちろん大切ですが、特に炭水化物(米など)・タンパク質(肉・魚)・カルシウム(牛乳・チーズ)などをしっかりと摂ることが大切です。

大切なのは食事の「量」と「タイミング」

僕はスポーツフードマイスターの資格も持っていますが、体を大きくするために特に大切なことは、適切な「量」と「タイミング」で食事を摂るということです。

朝・昼・晩食事をしっかりと摂ることは当たり前ですが、毎日のトレーニングで傷ついた筋肉を効率よく回復させ、成長させるためには食事を取るタイミングも重要です。

理想はトレーニング後、45分以内に食事を摂れるとベストです。

もし、家まで練習場から遠く、トレーニング後45分以内に食事が取れない環境であれば補食を用意する必要があります。

例 トレーニング後
・おにぎり(具あり)1個
・牛乳

トレーニング後30分以内に食事を取ることができるなら、家でしっかりと食べることがベストですが、それが厳しいならコンビニなどでも良いので、夕食を取るまで軽く補食をとる必要があります。

トレーニング後しっかりと捕食を入れて、夕食もしっかりと食べてください。

「お菓子を食べるな!」「炭酸を飲むな!」と言われたりするのは、決して炭酸が悪いのではなく炭酸ジュースには糖分が多く含まれているものが多く、お腹いっぱいになってしまい、適切な量の食事を取れなくなる可能性があるからそう言われている場合が多いです。

家で食べるなら最低でもお茶碗3杯分はお米を食べると、体は強く大きくなっていきます。

遠征などにいくと、朝食を食べる習慣がない選手やあまり普段から量を食べていない選手は体が細く、量も食べることが出来ません。

出来るだけ早い段階から食べれる選手になっていくことが、身体面での成長につながっていきます。

怪我をしない身体づくり

体が強い、大きいとは別に「怪我をしない身体づくり」もプロを目指す上では、必要不可欠です。

どれだけ上手い選手でも怪我をすぐする選手をクラブは獲ってくれません。

怪我をしてしまう要因はいくつかあって
・体に柔軟性がない
・オーバーワーク
・遺伝
などがありますが、遺伝以外はどれも自分次第で解決できることが多いです。

「トレーニング前後にはしっかりとストレッチやアップ・ダウンを行う」
「風呂あがりなどに体のケアをする」
「痛いなら休む」

など日本人選手は休むのが苦手で、頑張りすぎてしまう選手が多いですが、痛いのに練習をしても良いことは一つもありません。また、自分の体をしっかりと理解できず、コンディションを調整できない選手は上にはいくことはできません。

小学生のうちから、自分の身体を自分でしっかりと管理できるようにしていってください。

関連記事

◉この記事の対象 ■現在プロサッカー選手を目指している ■プロになるために必要な習慣を知りたい ■普段、練習以外には何もしていない プロサッカー選手を目指していく上で、毎回のトレーニング時間「オンの時間」を大事にするということも、も[…]

プロになるために必要な能力【精神面】

技術面、身体面ときて最後は精神面です。よくメンタルと呼ばれるものでもありますが、ここも非常に重要です。

自信がある選手のパフォーマンスは高い

良いパフォーマンスを発揮するために、一番大切なことは「自分に自信を持つ」ということです。

自分に自信があるときは、自分が持っている能力の100パーセント、120パーセントの力を発揮することが出来ます。しかし、自信がなければそれが50パーセント、40パーセントになってしまうこともあります。それだけ自信を持つということは大切で重要なのですが、レベルの高い環境に行けば行くほど、周りが上手くて自信を持つことが出来なくなってしまったり、萎縮してしまう選手は多いです。

「常に良いパフォーマンスを発揮できる」

これもプロになるために必要な大きな要素の1つですが、なかなか自信を持つことが出来ないという選手も多いと思います。しかし、上に行けば行くほど、選抜や代表など知らない選手の中に入ってプレーをしなければいけない機会は増えていきます。そうなった時に不安、緊張、自信がないというような状態になっていては生き残っていくことはできません。

「自信は努力と準備から」

これは僕が大切にしている言葉です。

自信を持つことが重要であると先ほど書きましたが、努力も準備もしていないのに、自信を持っている選手がいるならそれはただの過信です。過信でも萎縮したり、自信を喪失してしまうよりは良いですが、過信では結局最後に結果はついてきません。

必要なのは、努力と準備から出来た確かな自信です。

「これだけ練習してきた」「何度も練習で成功した」というものがあれば、本番でも、知らない選手がいたとしても、不安や緊張することなく、自信を持ってプレーすることができると思います。常に最高のパフォーマンスを発揮するためには、他の誰よりも努力と準備をしておくことが大切です。

コミュニケーション能力が高い選手

「コミュニケーション能力」

これもサッカー選手として必要不可欠な能力ですが、普段練習を見ていても喋れない選手は多いです。喋れないということは、自分の意見や意思を周りに伝えることが出来ないということです。カテゴリー別代表や日本代表、プロの選手に喋れない選手はまずいません。それは自分が良いプレーをするためには、自分の意思を伝え、要求する必要があるからです。

「右足にボールが欲しいのに、要求をしなかったために左足にボールがきた」

こんな小さいことでもレベルが上がれば大きなズレに繋がってしまいます。この時に味方に要求できない選手は、上では通用しなくなっていきます。

喋るのにも練習が必要です。

伝えることが苦手なら、少しずつでも良いので自分の意見や意思を伝える練習をしていくことが大切です。

縁と運とタイミング

プロサッカー選手になるために最後の最後で必要になるのは「縁と運とタイミング」です。

サッカー界は縁とタイミングが大きく結果に左右する世界です。

・育成年代にどのような指導者と出会い、どんな環境で練習をするか
・プロに導いてくれる人と出会う「運と縁」を持っているか
・チャンスがきたタイミングで結果を残し、そのチャンスを掴むことが出来るか

ただ上手いだけでは、決してプロになることはできません。

必要な技術や能力を持ち合わせた上で、「縁と運とタイミング」を持っている選手がプロサッカー選手となっていきます。縁と運とタイミングを掴むためには、常に目標を持って努力することが大切です。

誰がどこで見ているかはわかりません。

自分に転がっているチャンスを見逃さず、常に運とチャンスを掴むために、日々の努力と縁を大切にサッカーと向き合っていって欲しいと思います。

最後に

最初に「プロサッカー選手になることが出来る人は一握りである」と書きました。

プロになれる可能性があるのに、必要な情報を知らないためにプロに届かなった。
プロになれる可能性があるのに、気持ちが折れ、挫折してしまった。
プロになれる可能性があるのに、真剣にサッカーと向き合えなかった。
プロになれる可能性があるのに、努力をせず消えていった。
プロになれる可能性があるのに、進むべき道を間違えてしまった。

そんな選手はたくさんいます。

可能性を引き出すのか、消してしまうのかは、自分自身の意識と周りの環境(保護者・指導者・チームメイトなど)で全てが決まります。

自分が目指している場所はどこなのか。自分がどうなっていきたいのか。ということを常に考えて、目標を見失わず、何よりサッカーを楽しんで、上を目指していって欲しいと思います。

僕自身もU-12年代の指導者として、これからも選手1人1人の特徴を見極めて、その選手の可能性を最大限引き出し、引き上げていけるように全力で指導をしていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事

プロサッカー選手には届かなかった。 5歳の時にサッカーと出会って、20年以上が経ちました。 私は、現在U-12年代の選手を指導するプロのサッカーコーチです。 サッカーを始めたキッカケは2002年W杯。(当時5歳)[…]

最新情報をチェックしよう!